有害生物資格の演説を致しました

2018/10/02

有害生物資格試験
第一回 有害生物講習会


クリーン計画プロープル株式会社
林 啓志郎:引田 徹:波田間 希

今からの時期依頼が多くなるトコジラミについて講習演説したいと思います
トコジラミは「シラミ」という名前が付いていますが「シラミ目」ではなく、「カメムシ目」に属する昆虫です
また、成虫の寿命は3ヶ月~12ヶ月、卵は5~6個産み3ヶ月程産卵を続ける、大きさは5~7mm程度に成長するいわいる不完全変態で、幼虫と成虫はほぼ同じ形をしている。また成虫も翅(はね)を持たない。体色は吸血前は薄黄色からやや赤褐色を呈すが、吸血後は吸血した血液が透けて見えるためより濃い茶色となる。
トコジラミを誘引(ゆういん)する物質は、熱・人のフェロモン・二酸化炭素で、成虫の吸血時間は、15分~27分で吸血後栄養分を体に取り込み水分が多く含まれた糞、血糞をします
またトコジラミは餓えに強く、吸血しなくても1年以上生き延びられると言われています。温度に弱く60度以上で5分間の熱で死に至ります。

成虫は卵形で、背腹軸(はいふくじく)に扁平(へんぺい)で、雄成虫は腹部の末端(まったん)が雌成虫よりも尖っており、末端に良く発達したペニスを持つ。メス成虫には腹部第4節の腹側の中央より左に特徴的な切れ込みがあり。交尾の際に雄はこの切れ込みにペニスを挿入し雌に精子を提供する
トコジラミを別名で、南京虫、床虫(とこむし)、ニオイ虫、ベットバグ、などとも呼ばれ、海外からの荷物に付着して伝わったと考えられています。 一昔前の日本で多くの被害をもたらしていました
その後、日本では激減し平成生まれの人は知らない人も多いかと思いまが、海外から日本を行き来する時代になり再び被害が増えつつあります。

海外から日本と言えば、2020年東京オリンピック開幕です、海外からの観光客も増え
訪日客2000万人と予想され、ピレスロイド系に抵抗性を持つスーパートコジラミや、2014年に80年ぶりの発生確認した、有機リン系に抵抗性を持つ熱帯トコジラミ、の被害が増えるのではと思われます。熱帯トコジラミは、沖縄で被害報告が出ています。
それらのトコジラミは、市販の殺虫剤にかつての1万2千倍の抵抗性を持つと言われており、個人での駆除や、専門業者以外の駆除がますます難しくなる害虫の一種だと思います
 

害虫駆除
その他害獣、害虫全般対応致します。
TBS系テレビで協力取材しました!
保存保存
施工例はチラシをクリック!!
施工例はチラシをクリック!!

害虫・害獣に困ったら!お問い合わせください

電話(045)308-6296 
営業時間 24h・年中無休

お問い合わせフォームはこちら
弊社は総合害虫害獣 駆除業者です。
なんなりとご相談ください。
プロの視点から見て検査見積りさせて頂きます。
プロの視点から見て検査見積りさせて頂きます。
害虫害獣 除防除の知識 技術 判断力 の試験を受かった証とする <br />
(社)日本有害対策協会委員
害虫害獣 除防除の知識 技術 判断力 の試験を受かった証とする 
(社)日本有害対策協会委員