飲食店 ネズミ

2020/02/01

今回依頼があったお宅は一軒家なのですが1階で飲食店を経営してて2階が自宅というお客様からの依頼でした。
調査、見積りにお伺いした際にお客様から店の中に出てきてしまったからどうにかしてほしいと言われました。
お客様が粘着マットを
仕掛けていて捕まっていたネズミを確認したところハツカネズミでした。(写真)

見て頂ければわかると思いますがハツカネズミはかなり小さいです。ですので小指の先が入る隙間があれば侵入できてしまうのです。
私はお客様に家の外回りの隙間という隙間を全て埋めなければいけないと説明し金額を提示したらその金額に驚いてました。というのもお客様は他の業者さんと相見積もりをとっており、当社がもう一つの業者さんの金額の倍ぐらいの金額だったのです。
それは確かに驚いてしまうなと素直に思いました。
しかしもう一つ
の業者さんがどのように施工するのか聞いてみるとどうやら室内に出てこないように室内に殺鼠剤を設置するだけの施工方法だったのです。これに今度は私が驚きました、、、

お客様に侵入経路の穴を塞がないと意味がない事を説明し、原因になる天井裏や
壁などに空いた穴、侵入できてしまう穴を説明しました、内部閉塞・外部閉塞をする意味を伝えたところ当社の見積り金額にも納得して頂き契約することとなりました。


まずはネズミを内部に閉じ込めないように忌避剤による追い出し処理を行いました。
閉塞箇所は細かいところもありましたが、大きく分けて3つ!下回りのネコ基礎部分、シャッター、1階の屋根と壁の境目です。
まずは下回りのネコ基礎部分…経年劣化によってコンクリートが割れてしまっていたり壁の隙間を埋めている部分が腐ってしまっていて隙間が空いてしまっていました。
次にシャッター…こちらはお店のシャッターなのですが壁と繋がっているタイプのシャッターでしたのでシャッターの隙間から入ってしまったら家の中にも入れてしまうのです。
最後に屋根と壁の境目ですがここは家を建てたときから空いていた隙間だと思います。

最後に殺菌・防虫処理を行い作業終了としお引き渡しとなりました