横浜 ムカデ

2020/03/15

今回はこれから被害が増えてくるムカデについてお伝えしようと思います。

まずムカデは攻撃性が高いのです。反射的に動くものに咬みます。
ムカデ
に咬まれた経過がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかも日本に生息しているムカデで特に僕たちの生活圏でみられるムカデは強い毒を持っている為
咬まれたら、とにかく痛い!
場合に
よっては痛いで済まないときもあります。
というのもムカデの毒も
ハチ同様にアナフィラキシーショックを起こす可能性があるのです

そんな危険なムカデが家の中に生息している環境を皆様はどう思いますか?
ムカデは何もしなくても寝ている最中に咬まれてしまったケースもあるのです。
咬むこともそうですが、暗いところが好きなので靴の中に潜んでいることもあります。

これは実体験です。
忘れもしません、僕が小学校5年生のときです

遊びに出かけようと靴を履こうとしたときに足裏にグニュやカサ
カサといった感触が…ビックリして靴を脱ぎ捨てると中からムカデが…うわぁーと泣き叫びながら裸足のまま50メートルぐらい全力疾走で逃げました(泣)

その時は兄がムカデを殺して処分してくれましたが、それ以来僕はト
ラウマでムカデが本当にダメになってしまい、更に靴を履くときも1回絶対靴の中をチェックしてから履くようになったのです。

今はこの仕事をしているのでムカデを見かけることも増え全然平気です(笑)
当時は本当にムカデが大嫌いでした。

ムカデを家の中で見てしまった方は靴を履くときは本当に気をつけて下さい。

話は逸れましたが、ムカデについてもう少し細かく。
まず日本に生息しているムカデの種類は100種類以上います。
の中で主に僕たちの生活圏内に生息していて見かけるのは主に4種類です。
トビズムカデ、アオズムカデ、アカズムカデ、タイワンオオムカデです。

よくムカデと間違えられるのはヤスデとゲジですが、ヤスデとゲジは人を咬むということはしません。
ムカデの発生時期は本来は冬は冬眠をしていて春から秋にかけて活動します
しかし近年日本の住宅が進歩し家の中や床下、壁の中など冬でも
暖かい場所が増えてしまった為
冬眠せずに冬も家の中で活動をし
ているムカデが増えてきています。

日中どこにいるかというと石やレンガ、落ち葉の下など暗く湿気の多い場所を好んで生息しています。
そういった場所に生息して夜になるとエサを求め人家に侵入してしまう場合があるのです。
エサはゴキブリやダニなどの害虫を食べま
す。

なので庭の手入れを定期的にすることがムカデが生息しないようにすることにもつながります。
庭の手入れをしないとムカデのエサと
なる害虫が増えてしまいそのエサを食べにムカデも増えてしまうのです。

以上、今回はこれから増えてくるムカデに関して詳しく書いてみました!
予防や駆除の相談などがありましたらお気軽に弊社へご連絡下さい

害虫駆除
  TBS系テレビで協力取材しました!
保存保存
●企業様以外はこちらになります●
●企業様以外はこちらになります●

害虫・害獣に困ったら!お問い合わせください

電話(045)308-6296 
営業時間 24h・年中無休

お問い合わせフォームはこちら
弊社は総合害虫害獣 駆除業者です。
なんなりとご相談ください。

LINE@写真で相談!<br />
お気軽相談こちらになります<br />
【クリック】👆
LINE@写真で相談!
お気軽相談こちらになります
【クリック】👆
プロの視点から見て検査見積りさせて頂きます。
プロの視点から見て検査見積りさせて頂きます。