横浜チャタテムシ

2020/03/22

本日はチャタテムシの駆除を行いました。

チャタテムシは湿気が多くなってくる梅雨から秋ぐらいにかけて活発に活動する害虫です。
しかし最近の家は気密性が高く冬でも室内
の温度が一定に保たれ気温が低くなることが少ないので
チャタテム
シが冬でも活動していることがありますのでご注意を!

チャタテムシとは

チャタテムシが食べるエサは主にカビやホコリ、米や粉、乾麺等の乾燥食品、本や畳などをエサとしてます。
チャタテムシは、チョウバエや蚊などと違い1回で大量の卵を産むのではなく成虫になって少ししてから毎日少しずつ卵を産むので見つけたときにはもうすでに卵を産んでいる可能性が非常に高い害虫となります。

とはいえチャタテムシはダニやトコジラミ、蚊やハチみたいに害があるのか
なければそのままにしても大丈夫なんじゃないのか、と
思われる方もいらっしゃると思います。

たしかに人を刺したりはしません。ではなぜ駆除する必要があるのか。

まず1つ目
チャタテムシ自体がツメダニというダニのエサ
となるので、チャタテムシがいることでツメダニも繁殖してしまう、可能性があること。

そして2つ目
死骸となったチャタテムシが風化して崩れ、粉末
状になったものを人が吸引、もしくは食べてしまったときにアレルギー反応を起こしてしまう可能性があること。

この2つが起こりうるチャタテムシの害となります。

今回のお客様は、一昨日引越してきたばかりで荷物を開けていたら白っぽい小さな虫を見つけ、ご連絡くれました
前の住居でも、大量発生して自分たちで駆除してもう大丈夫と思い特に業者に依頼せずに引越しをしてしまったとのことでした。
本来1番良かったのは引っ越す前に業者に依頼し駆除をしてから新しい住居に引越す。
そうすれば新しい家ではチャタテムシを悩まな
くて良かったはずです。
どんな害虫でも引っ越す前に、駆除することをオススメします。
害虫も一緒に引っ越しについて来ちゃいます。


そして本日の作業は3LDKのマンションの部屋を服や布団、タンスや畳などに、薬剤処理を行いました。

もし生き残りがいるとまたそこから繁殖してしまう為、隅から隅まで薬剤処理を行う必要があります。
何の虫かわかんないけど調査に来てほしいなど調査、見積りは無料ですのでお気軽にご相談下さい。

害虫駆除
  TBS系テレビで協力取材しました!
保存保存
●企業様以外はこちらになります●
●企業様以外はこちらになります●

害虫・害獣に困ったら!お問い合わせください

電話(045)308-6296 
営業時間 24h・年中無休

お問い合わせフォームはこちら
弊社は総合害虫害獣 駆除業者です。
なんなりとご相談ください。

LINE@写真で相談!<br />
お気軽相談こちらになります<br />
【クリック】👆
LINE@写真で相談!
お気軽相談こちらになります
【クリック】👆
プロの視点から見て検査見積りさせて頂きます。
プロの視点から見て検査見積りさせて頂きます。