横浜シバンムシ

2020/03/25

今回の害虫は、シバンムシです。

シバンムシの生態


シバンムシが多くなる時期は5、6月と10、11月が増えてくると言われています。
しかしシバンムシもチャタテムシ同様、家の気
密性が高くなって温度が一定に保たれるようになるにつれて冬でも家の中で活動する成虫が出てきています。
本来であれば冬の寒い時期は幼虫で越してそこから成虫になるまでに約20度以上の気温で1ヶ月半ぐらいかかるので5月あたりから成虫が増え始めるというサイクルでしたが近年ではそれが崩れてきてしまっています。

今回のお客様も数こそそんな多くなかったですが寒い時期を成虫で越したシバンムシの被害に遭われたお宅でした。
ではまずシバンムシとはどのような場所に生息するのか。
1番多いのは小麦粉やそば粉などの粉末や胡椒や唐辛子などの香辛料、乾物などに生息して食害を起こすことが多いです。
他にもドライフラワーやペットフード、木材特に古材やタバコの吸殻まで家にある多くの物に生息してしまいます。
なので自分でできる1番の対策としては発生する前からジップロックや気密性の高い箱に食料を保管しておくことが重要となります。
見た目は1、2ミリのすごくちっちゃいカブトムシのメスみたいな感じです。
シバンムシの害として有名なのは、ほっておくとシバンムシを捕食しにシバンムシアリガタバチというハチが寄ってくる可能性があるということです。

そしてそのシバンムシアリガタバチは名前の通りハチなので人を刺すこともあります。
シバンムシはこのような二次被害が1番怖い害虫です。
他にも小さく気付きづらいので大量繁殖してしまったり医療品や食品に異物混入してしまったりしてしまいます。

今回の駆除は元々食材で発生してしまっていたとのこと。
そしてそ
の食材関係は全て処分したとのことでしたが、それでもまだ部屋に出てしまっているとのことで室内や屋根裏などの処理をすることになりました。
室内、屋根裏を薬剤による空間噴霧処理、巾木や階段などの細かい隙間をエアゾール処理を行いました。

どんな虫でも何かしらの害はあります。
気になった方はお気軽にお問い合わせ下さい。

害虫駆除
  TBS系テレビで協力取材しました!
保存保存
●企業様以外はこちらになります●
●企業様以外はこちらになります●

害虫・害獣に困ったら!お問い合わせください

電話(045)308-6296 
営業時間 24h・年中無休

お問い合わせフォームはこちら
弊社は総合害虫害獣 駆除業者です。
なんなりとご相談ください。

LINE@写真で相談!<br />
お気軽相談こちらになります<br />
【クリック】👆
LINE@写真で相談!
お気軽相談こちらになります
【クリック】👆
プロの視点から見て検査見積りさせて頂きます。
プロの視点から見て検査見積りさせて頂きます。