春から秋にかけて住宅に被害を及ぼす害鳥とは

2021/03/31

春から秋にかけて住宅に被害を及ぼす害鳥とは

3月に入り、暖かくなってくると朝方や日中に鳥の鳴き声が聞こえてきませんか? 鳥のさえずりを美しく感じる方も多いと思います。 その一方で毎朝、鳴き声がうるさく、予定より早く起こされてしまい、充分な睡眠が取れない方も少なくありません。 「早起きは三文の徳 」と言いますが、鳥によって普段の生活リズムを崩されると1日の行動に支障をきたすこともありますよね。
 

 

依頼件数で多い鳥とは

支障をきたす鳥もさまざまですが、今回は特に多い2種類について施工事例を交えながら説明していきたいと思います。

 

ムクドリ

この時期、ムクドリは繁殖期で家の隙間などを探し、巣にすることが多いのです。 そのため、巣を作ると中で卵を産み、孵ったヒナが鳴き止まず、騒音被害を引き起こすのです。
 

どのような場所で巣を作る?

ムクドリは小さな鳥です。外敵から身を守るため、小さめの隙間を好んで巣を作ります。
ムクドリ


軒下と出窓の間はカラスなどの大きな鳥が入れないところが多く、ムクドリにとっては最適な場所となります。

戸袋の中といった普段閉めっぱなしの雨戸も、ムクドリにとっては恰好の場所なのです。 鳥が寄って来るからという理由で雨戸を開けると既に巣を作られてしまっていることが多く、戸を開けることができなくなり、自分たちではどうにもできない状況となってしまいます。
巣にムクドリが入れば、中でフンもするので巣自体が固まってしまい、開けられず、悪臭が室内に入り込み気分を悪くされてしまいます。
 
ムクドリ

 時には中で死骸があることもあり、その際、鳥の死骸から出るトリサシダニやハエの幼虫である蛆虫が室内に入ってしまうこともあります。
 

どうやって対策をしたら良いの?

まず、巣を作られていない状況であれば隙間を閉塞してしまえば入られることがないのですが、外観部分なので自身で閉塞をすると見映えが気になり、中々上手くいかないと言うお声をいただきます。 この場合は被害がある、ないに関わらず、目立たないように施工をいたします。



軒部分は入れないように隙間を塞ぎ、雨戸も開けないところは固定させ、雨戸を開けたりする場所には開閉できるようにして、色も戸袋に合わせるので目立たないので外観を損なうこともありません。
 

ハト

ハトで困っているという依頼が減りません。 産卵に向けて次々と新しい家を探しているという事ですね。
 
\ 対策などのお役立ち情報はこちらから /
 

 

害鳥相談件数で多い4つの理由

依頼をいただく理由で最も多い4つを紹介します。

① 屋根の上を歩いている足音がうるさい
② 鳴き声がうるさい
③ フンが下に落ちてくる
④ 巣が風に吹かれて下に落ちてくる
⑤ ベランダにハトが止まっている

当てはまる方はいらっしゃるでしょうか?
当てはまる場合は早急にご連絡をくださいね! 早めの対策が必要となります
 

ソーラーパネルもハトの住処になる?

最近多い依頼の中で、普及が進んでいる「ソーラーパネル」にも、ハトの被害で悩まされているというご相談が増加中です。 では、どのようにソーラーパネルを住み家にしてしまった鳥の駆除、対策を行うのかをご説明していきたいと思います。

ソーラーパネルの下に何十羽もハトが巣を作ってしまっていて 特に夜中と朝方の周りが静かなときに、足音が響いて眠れなかったり、うるさくて目を覚ましてしまったりするのが精神的に一番つらいとよく聞きます。確かに寝不足や睡眠時間がバラバラだと疲弊してしまいますよね。

ハトはただでさえ帰巣本能が強い上、屋根の上だと人の気配も全くしない為 居心地が良く住みついてしまうことが多いのです。 ベランダと同じで1度巣を作り住みついてしまうと物理的に閉塞しない限り何度でも戻ってきてしまいます。

ベランダと違うところは塞いだとしても屋根自体には止まれてしまうので何ヶ月かは引き続きハトが屋根にとまってしまうことがあるかもしれないということをお客様に了承頂いてからの作業となります。

根にとまったとしても、巣にしていたソーラーパネルの下が侵入できないとわかると徐々に数は減っていきます。
 

駆除方法について

まずはヘルメットや安全帯を使用し安全対策を行います。
その後、屋根の上や家の周りを養生した上で高圧洗浄機で追い出しと清掃作業を行います。
清掃作業後、閉塞を行う前に除菌処理を行います。 最後にソーラーパネル下に侵入しないよう、ソーラーパネルと屋根の間を一周囲うように閉塞していきます。

この作業をご自身で行うと、とても危険ですし大変な作業です! そして対策をしない限り自然といなくなることはありません。 屋根の上だから二次被害は大丈夫だろう…という安易な考えも持っていてはいけません。 そしてやはり気になることの中に、近隣の家に迷惑をかけてしまうこともあるということです。
 

まとめ

被害が出る前の対策や、被害が出てしまった場合の対策も含め 鳥は法律で守られていたり、危険な場所での作業がともなう事も多々あります。自分では難しい場合は業者に頼むのも一つの安全な対策と言えるでしょう。

ご自宅に被害が出てしまった際はまずは無料の調査、見積りをおすすめします。
皆様の快適な生活の為に弊社は低価で高い技術内容、安心安全で迅速な対応を心がけています。 身近に起こる害鳥被害を弊社で未然に防ぎ、騒音などの鳥被害をなくしていきましょう。

メニュー・料金

スピード対応に
自信あり!

24時間いつでもお気軽に
お問い合わせください

安心の
無料見積

24h対応

メールで無料相談

新着記事一覧

最新情報
随時更新中!

気軽に写真で相談!

無料相談はこちら!

ハト以外の
害虫・害獣はこちら

コウモリ被害はこちら|その他害虫や動物の被害にも対応しております|プロープル株式会社

ゴキブリ被害はこちら|その他害虫や動物の被害にも対応しております|プロープル株式会社

ネズミ被害はこちら|その他害虫や動物の被害にも対応しております|プロープル株式会社

ダニ・ノミ被害はこちら|その他害虫や動物の被害にも対応しております|プロープル株式会社

ムカデ被害はこちら|その他害虫や動物の被害にも対応しております|プロープル株式会社

ハチ被害はこちら|その他害虫や動物の被害にも対応しております|プロープル株式会社